HOME

その実態は?テストエンジニアの仕事

テストエンジニアの実態

テストエンジニアとは、開発されたプログラムが正常に作動するかどうかをチェックし、発見したバグを報告するのが主な仕事です。開発現場にテストエンジニアがいることで、開発業務をより効率的に進めることが可能になります。フリーランスのテストエンジニアは、専門知識や経験よりも丁寧さや粘り強さ、コミュニケーション力などが求められているというのが実態です。テストエンジニアのキャリアパスには、プログラマやシステムエンジニアなどがあります。

  • 一体どんな職種?

    テストエンジニアの仕事は、プログラミングが完了したITシステムを実際に動かしてバグを見つけることです。

    一体どんな職種?
  • テストの目的と仕事の内容

    テストエンジニアは業務効率化に欠かせない存在で、開発途中から完成後までさまざまなテストのタイミングがあります。

    テストの目的と仕事の内容
  • 求められる6つのポイント!

    テストエンジニアになるために必要な3つの要素と、テストの現場で求められる3つの要素についてご紹介します。

    求められる6つのポイント!
  • どんなキャリアパスがある?

    プログラマやシステムエンジニア、プロジェクトマネージャーなど、テストエンジニアにはいくつものキャリアパスがあります。

    どんなキャリアパスがある?